(ボールコントロール)これができないとパスなんてもらえない!

こんにちはすーです。

 

 

今回はボールコントロールの中の

足元のトラップについて

書いていきたいと思います。

 

f:id:sukesan84:20180725213609j:image

 

ボールをうまくトラップできることが

どれほど重要なのかですが

 

パスを受けたとき自分のすぐそばに

ボールを納めることができる

 

そのあとすぐにパスを出したり、

シュートするために

 

いかに蹴りやすい場所に

ボールを置けるか

 

いわゆる

次のプレーに繋がるトラップ

を目指すことです。

 

f:id:sukesan84:20180725214115j:image

 

さらにトラップが上達すると

 

敵のプレッシャーを感じることなく

プレーすることができるようになります。

 

 

まず

味方からパスを貰ったときに

ボールを足元に正確に

 

止める、収める

 

これができないと

試合中すぐに相手選手に

 

詰められ、奪われ

 

相手ボールになり

最悪ピンチになりかねません!

 

f:id:sukesan84:20180725214235g:image

 

たった1つのトラップミスから

カウンターをされ失点…

 

なんてこともありえるのです!

 

こんなことをしていたら

レギュラーになれないどころか

 

チームのみんなから

信頼を失ってしまいます。

 

自分がボールを持つには

より正確なトラップ

出来なければなりません。

 

では

上手なトラップの仕方ですが

 

ボールが足元にきて足に触れる瞬間に

力を抜いてその足を後ろに引く

 

吸い付かせるようなイメージです!

 

ボールの勢いをいかに殺せるかが

重要となってきます。

 

f:id:sukesan84:20180725214746j:image

 

 

そして、早く上達したいのであれば

たくさん練習して慣れること

 

 

まずはこの感覚を身につけること

が大切です。

 

それとまずは自分が思い描いた

シチュエーションをイメージすることです

 

試合中も足元にパスが来た時は力まず

 

練習通りの正しいトラップを

イメージしてみて下さい。

 

必ずシュートに繋がる

トラップができるようになります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モチベーションコントロール

こんにちはすーです。

 

今回は試合中自分に自信が持てない

そんなあなたにアドバイス

していきたいと思います。

 

「ゴール前でフリー、絶好のチャンスに

外してしてしまった」

 

「相手にボールを奪われ、それをきっかけに

ピンチを招いてしまった」

 

パスミスしてチームメイトに

キツイ言い方をされた」

 

自信がなくなりかけ

モチベーションが下がったりする

瞬間があると思います。

 

f:id:sukesan84:20180725220601j:image

 

そんな時心掛けて欲しいことは

 

声を出す!

 

試合中に出す掛け声なら

なんでもOK⁉︎です!

 

逆サイド!、ナイッシュー!

何番マーク!、もっとパス早く!

 

など他にも沢山の会話がありますよね。

 

その掛け合う声がだんだんと

自分のモチベーションを

高めて行くことができます!

 

f:id:sukesan84:20180725221114j:image

 

僕も実際に試合中では、常に声を

出していますしチームの雰囲気を

良くするために心がけていました。

 

活気も湧きますし、

 

いっそのこと大きな声を

出しているだけで

 

仲間とコミュニケーションが

取れたり、

 

仲間にやる気を見せることも

できるのです。

 

f:id:sukesan84:20180725221134j:image

 

練習でも行っていけば

監督やコーチの目にも必ずとまります。

 

自分がチームを引っ張っていっているような、

キャプテンになる練習だと思うのも大切です。

 

ですので自分に自信がない人は

まず声を出すことを意識して

試合に臨んで下さい!

 

必ずあなたのモチベーションに

対する姿勢が変わります!

 

とてもオススメな方法なので

 

皆さんもモチベーションを上げたい方は

是非実践してみて下さい!

 

 

 

敵の選択肢を無くす方法

こんにちはすーです。

 

突然ですが守備って難しいですよね。

 

敵のボールを奪いに行こうとしても

軽くあしらわれてしまう

 

自分が奪いに行っても抜かれるだけ

 

守備に全然貢献できていない

 

f:id:sukesan84:20180724235244j:image

 

そんな悩みを抱えている

ミッドフィルダーのあなた!

 

 

 

ボールは奪いたいけど安易に飛び出すと

自分が抜かれることで

相手の人数が多くなり

 

逆に不利になってしまいます。

 

 

そんなとき有効なのは、

 

縦、横のコースを切る!

 

どういったことかと言うと

 

f:id:sukesan84:20180724183324j:image

 

相手選手は攻めるときパスコースがないと

後ろに戻したり、横に回して

逆サイドに展開したりします。

 

そこのパスの選択肢を無くすために

あえて、コースを無くしたい方向から相手に

向かって行くのです。

 

f:id:sukesan84:20180724235313j:image

 

限定されたところにしか

パスが出せない!

そんな状況を作り上げます。

 

特にミッドフィルダーの選手は

縦のコースを切る!

 

これを意識しましょう。

 

 

自分が縦を切れば

相手選手は横か後ろにしか

パスが出せません。

 

横にパスを出したところを

味方がパスカットしにいけます。

 

f:id:sukesan84:20180724235540j:image

 

また縦を切ることで

敵の攻撃スピードを

遅らせることもできます!

 

味方選手と連携して

相手のプレー範囲を

狭めていけば

 

詰まって、簡単に

ボールを取ることができます。

 

1人でやるのは難しかったりしますが

実戦で使うと本当に有効で相手は嫌がり、

ミスが出てきたりもします。

 

とても有効なボールの奪い方なので

 

まずは縦のコースを切ることを

意識して実践してみて下さい!

 

ゴール前まで行かなくてもいい!

こんにちは、すーです。

 

今回はロングシュートについて

書いていこうと思います。

 

得点をしたいのに

相手の守備が堅い

 

すぐ相手に詰められて

シュートコースがなくなる

 

どうしてもゴールを決めたいのに

ゴール前まで運べない

 

ドリブルに自信がない

 

f:id:sukesan84:20180718192822j:image

 

そんなときは

ロングシュートがおすすめです!

 

距離が遠いのでゴールできる確率は

低くなりますが

 

20〜30メートル以上と

離れた距離からでも狙えるの

 

これが身につけれれば

どんな位置からでも狙える

と言っても過言ではありません。

 

f:id:sukesan84:20180718193044j:image

 

メリット

距離が遠くてもシュートができる

 

不意打ちシュートで

キーパーが準備できてない

 

相手ディフェンスの頭上を越えていける

 

決まれば状況を変えられる

 

相手のプレッシャーになり

要注意選手になれる

 

f:id:sukesan84:20180718193412j:image

 

デメリット

狙いが定まりにくい

 

蹴ってから届くまで時間がかかるので

キーパーがセーブしやすいこともある

 

このようにデメリットもありますが

身につけるとメリットもそれ以上に

あるので

 

ぜひ習得できると

なによりシュートの幅が広がります!

 

f:id:sukesan84:20180718193926j:image

まず第1に遠くからシュートできる

キック力を身につけることです。

 

そのためには毎日欠かさず

遠めからのシュート練習をして下さい!

 

遠くからシュートできる

キック力を身につけて、

 

試合で状況を変えられる

そんな選手になりましょう!

 

 

ゴールが見えたら迷うな!

こんにちはすーです。

 

サッカーの試合中

 

ボールを持つと、すぐに

パスコースやシュートコースを塞がれて

 

思うように得点に繋がらない

 

どうせシュートしても真正面だ

 

自分にはストライカーは向いてない

 

f:id:sukesan84:20180629232128j:image

そんな悩みを抱えているあなた!

 

今回は試合でも使える

 

ミドルシュート

 

について 書いていこうと思います。

 

 

 そもそもミドルシュートとは何か?

 

f:id:sukesan84:20180511181926j:image

 

ペナルティーエリア外から放ち、通常の

 ペナルティーエリア内からのシュートと

 ロングシュートの中間の距離です。

 

ゴールまでの距離があるので

 敵のプレッシャーも弱く、

 ゴールキーパーも蹴ってくるタイミングが

 予測しづらいので

 

試合で生かせますしシュートの幅も広がり

 

なにより強い武器になります!

 

f:id:sukesan84:20180629233647j:image

 

僕がミドルシュートで言いたいことは1つ!

 

シュートコースを決めて

思いっきり振り抜く!

 

 

ここで注意しておきたいポイントが

 迷わずにとりあえずシュートしてみること!!

 

f:id:sukesan84:20180629234048j:image

 

1回2回のチャンスで

結果を残そうとするのはやめましょう。

 

ミドルシュートは実際に

 プロ選手でも試合中に何本も蹴っています。

 

 

ゴール前になかなか

入り込めない場面

ではかなり有効的です。

 

f:id:sukesan84:20180629233726j:image

 

最初は自信がなかったり

距離感がつかめず上手くシュート

 できなかったりすることもあるので

 

感覚をつかむまで

 根気よく何本も蹴ってみましょう!

 

必ずあなたに合った

歩幅やフォームが身につきます。

 

 

 ぜひ試合中でも

積極的に使ってみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

止まることは許されない!

こんにちはすーです。

 

今回は記事はサイドハーフ

必要なことの1つ

を紹介していこうと思います。

 

サッカーでサイドハーフのポジションを

どうしてもやりたい!

 

サイドハーフ

センターリングをバンバン上げたい!

 

f:id:sukesan84:20180629234643j:image

けれどあなたのチームにも

サイドハーフを希望する選手は

何人もいると思います。

 

そんな人達と競り合って勝たなければ

サイドハーフポジションは奪えません

 

そこでサイドハーフをやるにあって

僕が重要だと思うのが

 

持久力!!

 

f:id:sukesan84:20180629235008j:image

 

サイドハーフ、主にミッドフィルダー

試合中めちゃくちゃ走ることを

ご存知ですか?

 

攻撃時は積極的に前線に駆け上がり

相手ゴールに向かって攻めこみます。

 

f:id:sukesan84:20180629235050j:image

 

相手に攻められているときは

自分のチームのコートまで戻り

守備もしなければなりません。

 

つまり莫大な運動量が求められるのです!

 

ただ足が速いだけではだめです!

 

試合中どんな時も休まず、

何本も全力ダッシュ

しなければいけないのです。

 

f:id:sukesan84:20180518020040j:image

 

攻撃だけして、守備の時戻ってこれない

体力がないサイドハーフ

 

前半戦の途中やハーフタイムで

交代させられてしまい

 

もっと言うとすぐに

レギュラーから外されてしまいます!

 

f:id:sukesan84:20180629235243j:image

 

なので持久力は必要不可欠なです!

 

さらに持久力を上げることで

試合にフル出場できる可能性

高くなります!

 

ずっと走れることは

なにより後半戦で相手選手と

差をつけれます!

 

f:id:sukesan84:20180629235611p:image

 

敵のマークを振り切り

ゴール前へ飛び出す

 

そんなカッコいいプレーも

きっとできます!

 

なのでまずは

持久力を上げるトレーニングから

行って下さい!

 

おススメなのは坂道ダッシュです!

 

あの有名な長友選手も

これを毎日してるそうです! 

 

一定ペースで走るだけではなく

全力で何本もダッシュできることが

重要なのです。

 

ですので坂道ダッシュを1日10本

毎日行いましょう。

 

ぜひ持久力を上げて試合中走り続けられる

サイドハーフになりましょう!

 

 

 

 

 

 

まずは首を振れ!

こんにちはすーです。

 

 

サイドハーフをする時

味方からパスが来てボールを受けました。

 

さあ、何しよう?

 

この後どこにパス出そうか?

 

敵は来てるかな?

 

そんな事考えてる間に足元の隙だらけな

my ball は、すぐに相手選手に詰められ、

奪われてしまいます。

 

f:id:sukesan84:20180718215227j:image

 

さらに

 

「判断するのに時間がかかった!」

 

「もっと速く行動しなきゃ! 」

 

「敵が来てるって教えてくれてたら!」

 

そんなことを毎回考えていても

全然前に進めていません!

 

f:id:sukesan84:20180718220903j:image

 

パスをもらう前にあることをするだけで

格段に次のプレーに動きやすくなります。

それは

 

首を振って、周りを見る!

 

え、それだけ!?

 

あなたはそう思うでしょう。

そう、それだけなんです!

 

f:id:sukesan84:20180718235606j:image

 

サッカーでは試合中ボールを持ってる時を

オン・ザ・ボール

持っていない時をオフ・ザ・ボールと言います。

 

重要なのはこのオフ・ザ・ボール

ボールを持ってない時

 

どれだけ周りを確認し、味方の位置、

 

どこに敵がいるかなども

確認しておくことが重要になります。

 

これをしておくことで

試合中のプレーを焦ることなく

 

自分の理想どおり

行うことができます!!

 

f:id:sukesan84:20180719002134j:image

 

そんなにしっかりと確認しなくとも

 

パスを受ける前や

 

見方ボールになった時

 

走り出す前に敵、見方の位置確認の為

チラッと周りを見たり

 

一度首を左右に振るだけでも十分です!

 

f:id:sukesan84:20180719002934j:image

 

プロ選手はまずこれを行なっていますし、

 

大学、高校サッカーでもできている人は

格段にハイレベルな選手です!

 

なのでまずは練習の時から

周りをみること心がけて下さい

 

この癖をつけると

 

試合中パスをもらう前など、

ボールを持っていない時の状況確認

欠かさずに行えるようになります!

 

必ずあなたのプレイングが

良くなること間違いなしです!